環境を整えることで離職を防ぐ

9月 2, 2017 · Posted in · 環境を整えることで離職を防ぐ はコメントを受け付けていません。 

どのようにして介護職員の離職を防ぐかということは、介護施設の大きな問題になっています。
毎年介護職を目指して勉強し、資格を取得して就職する人が増えている一方、離職する人も多いのが介護施設の現状です。
なぜ離職者が多いのでしょうか。
それには介護職にとっての厳しい現実があります。

まず介護職を目指す人の多くは、福祉に関心のある人や、誰かの役に立ちたいといった使命感や、奉仕の精神が高い人が多いのですが、最近は仕事として考えたときに、どこでも仕事が見つかることなどの利点のみを考えて介護職を目指す人も多くなっているからです。
仕事としての介護職を考えると、確かに需要は高く、常に求人数も多く、生活の基盤が変わっても仕事探しに困ることはないでしょう。
実際に離職してもすぐに次の仕事が見つかるという話は多く耳にします。
ですが長く同じところで働き続ける人が少ない、という問題が浮き彫りになります。

働く人の動きが多い業界は、成長が止まるということが歴史の流れでもあります。
介護業界はこれからも需要が高く、必要不可欠な業界であるにも関わらず、人材が流動的なことは問題視しなくてはいけません。
いかに人材を確保しておくことができるか、ということが安定した運営を続けることになります。

ではどのようにして人材を確保し続けるか、ということですが働きやすい環境を整える、ということ以外はないでしょう。
働きやすい環境とは、無駄が少なく、ゆとりを持った仕事ができることです。
ゆとりを作るために介護ロボットを導入している介護施設も増えています。
一番時間がかかる作業や、手間のかかる作業を補える介護ロボットが導入されることが、職場の環境を整えることになります。