課題は維持コスト

8月 15, 2017 · Posted in · 課題は維持コスト はコメントを受け付けていません。 

高齢者の割合が増加している日本では、介護スタッフの不足が課題になっています。
さらに高齢化が進めば、状況はさらに悪化する可能性が考えられます。
この問題の解決方法として注目できるのが介護ロボットです。
ロボットは量産が可能であり、介護が必要な施設に取り入れて人間の代わりに仕事を行ってくれます。
そのため人材不足に悩む介護施設も、介護に役立つロボットの登場には多くの期待を寄せているのです。
そして介護ロボットには国も注目しており、介護施設が介護ロボットを導入できるよう支援を行っています→期待される介護ロボット
しかし一方で問題になるのは、介護ロボットの維持コストです。
購入費用も負担ではあるものの、ロボットを使い続ける費用も気になる要素です。

介護ロボットの維持コストとして考えられる課題の1つが電気代です。
ロボットを動かすエネルギー源として電気が採用されている場合が多く、介護のためロボットを使用する際には電気代が掛かります。
しかし省電力技術が発達すれば、この費用負担は次第に軽減できます。

その他の介護用ロボットの維持費用には、メンテナンス費が加わります。
ロボットには消耗品も使われているため、定期的に部品交換が必要です。
消耗品の交換頻度が多かったり、交換部品の値段が高い製品には気を付ける必要があります。

さらに万が一の故障に備えて、修理費用もあらかじめ用意した方が無難です。
機械は故障する事も時としてあり、その修理のための費用が掛かります。
しかし、介護施設で使われるロボットは耐久性が重視されていて、故障の心配は比較的少ない傾向にあります。